老化と戦うための特効薬

運動は老化への抵抗手段です。

 

今何歳であっても、いままでどんなに運動不足だったとしても

 

姿勢・筋力・バランス・柔軟性・持久力を向上させることは可能です。

 

何もしないでいると老化現象は進む一方ですが

 

運動することで全ての能力を維持、もしくは向上させることができます。

                      

 

     ~アンチエイジングフィットネスより~

 

上記のように「老化と戦うための特効薬」とは、運動(筋力トレーニング)のことです。

 

運動の効果、特に筋肉を鍛える事で体に良いことが多い事が分かってきました。

 

  ・若返る(成長ホルモンの分泌)

  ・自律神経が整う

  ・骨量が増えて骨粗鬆症の予防になる  などなど

 

 

え~運動は嫌い!疲れる~。確かに面倒だし、疲れるかもしれません。

 

でも、どうでしょう?

 

ウォーキングをしている人が増えたり

 

「カーヴィーダンス」や「大人のラジオ体操」などの本やDVDが飛ぶように売れたります。

 

そのような方は、今まで運動していて体を動かすことが大好きな人でしょうか?

 

 実は違います

 

 ほとんどが「運動は苦手」「運動がしたいけどなかなか始められない」という方なのです。

 

 当サロンにも、運動が苦手という方が、運動しに来て頂いています。

 

 皆さん健康や美容のために運動したいと思っているのです。

 

 

 そして、運動でも大切なことが筋トレです。

 

「ウォーキングしているから大丈夫」と思っている方もいると思います。

 

実はウォーキングだけでは筋肉も増えませんし、骨量も増えません。

 

糖尿病の運動指導なども以前までは有酸素運動のみでしたが

 

今は筋トレ+有酸素運動が最適とされています。

 

また、詳しくは今後書いていこうと思っていますので宜しくお願い致します。

 

 

まずは、下の項目チェックしてみましょう。

 

1つでも当てはまれば年齢や男女に関わらず身体変化が始まっていますよ!

 

 

 

 □以前のように、まっすぐ背骨を起こして立っていないような感じがする。

 

 

 □階段を昇る時に、以前より苦痛に感じる。

 

 □椅子から立ち上がるのに、以前より時間がかかる。

 

 □車をバックさせる時などに、首が左右に回りにくくなった。

 

 □長い映画を座って見ていると、体が固まる感じがする。

 

 □片足で立ったまま靴を履くことが困難。または、できない。

 

 □以前よりも簡単にバランスを崩したり、つまずいたりすることが多くなった。

 

 □歩行やジョギングに以前より時間がかかるようになった。

 

 

いくつ当てはまりましたか?

 

 

当サロンでは、60歳 70歳の方も通って頂いています。

 

 

何歳からでも遅くは無いですよ!!      

| コメント(0)

Comment

Now Loading...