冬のお鍋

日中冷えた身体を温めようと、夜はついお鍋が食べたくなりますね。

 

夕飯の支度も簡単だし

 

お野菜をたくさん食べれるしお肉の脂は落ちるし、一見ヘルシーなんですが...

 

 

 

面白い記事があったのでご紹介です。

 

う~ん。冬は鍋率かなり高いです!って方は一度読んでみては♪

2013-10-27 21.04.47.jpg

 

 

 

酵素栄養学では火を使った食事を多く摂ると病気になりやすいと言われているんです。



「火食は過食に通ず」と言う言葉もあるように、人は冷たい物より温かい物の方が

 

良く食べてしまいがちですが、酵素は火に弱く、加熱すると酵素がなくなってしまうので、

 

酵素を含まない食事ばかりを食べていることになります。



ですから、火を使った食材ばかり食べると酵素不足となり、病気になりやすい体になってしまいます。

 

しかも温かくて美味しいのでついつい食べ過ぎちゃいますよね。

 

 

 

食物酵素は熱に弱く48℃以上で壊れてしまいます。

 

ビタミン・ミネラル等の体調を整えてくれる栄養素を壊して食べる生活により現代習慣病が生まれていきました。



本来ならば食べものの80%を食物酵素の含んである食事にして、

 

残り20%以内を加工品や加熱した食事に押さえると体内酵素の無駄使いを抑え、

 

食べた物をきちんと消化してくれるので、活動エネルギーに代わり元気になるのです。



このように寒いからといってお鍋や加熱した揚げ物などばかり食べず、

 

生で食べられるお野菜やフルーツ、お魚等なども取り入れて消化酵素を補う事は

 

内蔵の負担を軽減することでもあるので、身体の中から元気に事前消化を考えた食事を心がけましょう!

 

 

 

 

 

松田

 

 

 

 

 

 

カイロプラクティックサロン1/24
 

営業時間      10:00~20:00
 
定休日       不定休
 
お問い合わせ   052-523-7373 
 
            
mail@chiro-sbys.com
 ホームページ   http://www.chiro-sbys.com/

 

 

 

 

 

 

| コメント(0)

Comment

Now Loading...