梅雨とむくみの関係

東海地方も梅雨入りしてしまいましたね。

 

 

梅雨時期になると、さまざまな身体の不調がでませんか?

 

 

・なんとなく身体がだるくなって、何をするにも億劫になる

・やたらと眠い

・胃腸の調子が悪い

・頭痛が頻繁に起こる

・イライラ落ち込んだり気分が安定しない

 

 

こんな症状に心当たりはないですか?

 

 

梅雨になると湿度が高くなって気圧が下がります。

 

 

これらの気候の変化が身体に様々な影響をもたらすのです。

 

 

ではなぜ、このような症状を身体にもたらすのでしょか?

 

 

天気が悪くなり空気中の湿度が高くなると、カラダの水分代謝が滞りがちになります。

 

 

通常であれば、カラダは汗をかくことで体温を調節ができるのですが、

 

 

外の空気が湿っているときには汗が体内から出ていきにくくなってしまうのです。

 

 

すると、カラダのバランスが乱れ、胃腸の働きが悪くなり、

 

 

老廃物が溜まったままになってむくみが発生することも......。

 

そんな状態を解消するためにも、意識的に水分代謝を良くしていきましょう

 


★汗をかく 

適度な運動や半身浴なども効果的!

バスオイルのお勧めはハイドロバスオイルです❤

 

 


★体を冷やさないようにする


冷えによってリンパの流れが悪くなるのを防ぎましょう。

 

 


★ナトリウムとカリウムのバランスをとる


塩分は、カラダの水分排泄を滞らせてしまいます。

一方でカリウムは、そんな塩分を体外に排出してくれる働きがあるので、

積極的に摂取するのがオススメです。

アボカドパセリほうれん草、モロヘイヤなどを積極的に♪

 

 

a0790_001028.jpg

 

 

梅雨時期の対策法を学んで雨を味方にしましょう!

 

 

 

 

松田でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カイロプラクティックサロン1/24
 

営業時間      10:00~20:00
 
定休日       不定休
 
お問い合わせ   052-523-7373 
         mail@chiro-sbys.com

ホームページ   http://www.chiro-sbys.com/

1/24アメブロ   http://ameblo.jp/24bunnno1/

1/24鍼灸ブログ  http://ameblo.jp/24bunnno1hari/


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント(0)

Comment

Now Loading...