筋肉の使い方が違う

院長です。

 

昨年から空手を習い始めました。

小学校から高校までの10年間

空手をやっていて いちを初段の黒帯です。

 

空手って流派が沢山あります。

どんどん枝分かれして、今どのくらいあるんでしょうね。

僕が習いに行っているのは 鹿児島が発祥の

少林寺流空手道 錬心舘

という流派です。 鹿児島ではかなり大きい団体です。

 

空手大会.jpg

この写真は昨年行われた 東海地区の大会。 

僕は仕事で帰ったので写ってないです。

東海地区はまだ小さい支部ですが

これから大きくなろうと頑張ってる

勢いのある支部なんです。

 

昨年から 約25年ぶりに空手を始めて びっくりしたのは

凄い筋肉痛になったこと。

25年ぶりとは言え、普段トレーニングもしてますし

マラソンもしているので そこまではと思ってました。

 

いつもと違う筋肉を使うこと

同じ筋肉でも 使い方が違うことが 理由です。

筋トレは ゆっくりした動きが多いし

マラソンもそうです。

 

空手は 一瞬での動きや 型のポーズなど

普段の筋トレとは違いがあります。

 (空手は 美しさを競う型の試合と

 実際に戦う 組手の試合があります)

 

最近は少しずつ 体も慣れてきたと思います。

筋肉痛も減ってきました。

そして、先日

組手の練習も 少し参加しました。

時間にしては短い練習でしたが

これまた 筋肉痛・・・・・。

 

やっぱり 筋肉の使い方や

力の入り方が違ってくるのでしょう。

相手がいて 向き合って 戦う。

無意識で動いてしまい

今の老体の限界をすぐ超えてしまいます。

身体ビキビキでした。

でも あの感覚 高揚感は独特で面白い!

 

最近はトレーニングの内容も

それ用に変えています。

 

自分の目的

なりたい自分の姿

などが はっきりすると

トレーニングの内容や頻度も

変わってきます。

 

もう一度 どんな自分になりたいか

考えてみるのも よいですね。

 

 

 

 

 

営業時間      10:00~20:00
 
定休日       不定休
 
お問い合わせ   052-523-7373 
          mail@chiro-sbys.com

ホームページ   http://www.chiro-sbys.com 

 

 

 

| コメント(0)

Comment

Now Loading...